お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2017年9月11日月曜日

カナロコ「ミサイル訓練の深意に目凝らせ」より

先月29日の北朝鮮のミサイル実験、そして水爆実験と、喧しい情報が世界を飛び交っているようですが、日本政府の「断じて容認できるものでなく、強く抗議すると」いう外務大臣や官房長官の声明に何か虚しさを感じます。
要は、国民に向けての、「政府はきちんとやっています」という雰囲気の声明なのであって、日本政府が日頃北朝鮮と交渉や対話を繰り返していれば、何らかの事前判断があったろうし、もっと違った表明になったろうと思います。

「政府はしっかりやっています」という、国民を騙すようなリップサービスであり陽動作戦 、それでしかないのではと感じられます。大臣も政府官僚もろくな仕事をしていないのではと危惧されるのです。

国連でも北朝鮮への経済制裁が検討されてきましたが、人間は抑え込まれるほどに、その対峙策を考え出すものです。 北朝鮮は制裁の網をかいくぐりながら、ミサイルや核技術を習得して、大陸間弾道ミサイルを成功させたわけで、経済で抑え込むという日本などの政策が効果がないことは明々白々なのです。

今日、横浜市にある神奈川新聞社のサイトで「時代の正体 ミサイル訓練の目凝らせ 安倍政治を考える 記者の視点」という記事を、後半は有料のようなので、前半だけですが読みました。


本記事の記者は、国からの情報を精査せずに、市民に垂れ流す地方自治体の職員の思考に疑問を投げかけれているわけです。


過日のミサイル発射について、信濃町でも各戸に設置してある防災無線受信機が大音響で鳴動し広報されたわけで、突然のサイレンに戸惑いを感じた住民は多いと思います。
そういう住民の反応を予想せずに、また事前の調査や説明をせずに、町は国や県の指示に従うだけで受信機設置を進めて来たのではないかと思われます。

一町村が、そういった流れを精査することは大変難しいとは思うものの、本記事にあるように、国の情報を鵜呑みにせず、それぞれの立場で思慮し、住民に不安を与えないような仕組み作りが出来ればと思うのです。

地域の新聞社は域内の住民を常に意識しながら記事を書かれているのでしょう。 長野県には信濃毎日新聞などがあります。 大手報道機関は通信会社の記事をそのまま精査せずに、しかも政府の顔色をうかがいながら記事にしていることもあります。 地域の報道機関は、もっと大事にしなければとつくづく思うものです。


0 件のコメント: