お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2017年9月7日木曜日

トマトのホール煮とソース作り

跳ね出しトマトをいただいり、加工用トマトが届いたりと、はたまたミニトマト(アイコ)が畑から沢山収穫できたと、台所はトマトに溢れてしまい、とうとう加工作業がはじまりました。


まずは、ヘタ取りしたトマトを丸ごと瓶に詰めて、瓶のまま煮るホールトマト作り。


そして、ヘタ取りしてから、湯引きし、皮をむいてから半分に割り、種を取り出して、ミキサーで粉砕し、煮込んで作るソース作り。 以後はこれがケチャップなどに変身するそうだ。
しめて大瓶9本、小瓶10本ほどとなり、早速、夕食はスパゲッティ。 脱気処理してありますが、品質が保たれるのは半年ほどでしょう。 ジャムなどもそうですが、長期保存せずに、日々、調理に利用するのがいいようです。


ミニトマト(アイコ)は皮が固いので日持ちはしますし、サラダのアクセントにはなりますが、あまり美味しくはない。 そこでトマトジュースにしています。 これは美味しい。

さて、パスタなどイタリア料理(イタリアン)には、瓶詰めや缶詰のトマトが利用され、スーパーなどにも色々な輸入食品が所狭しと並んでいます。 その原材料となるトマトを生産している国といえば、イタリアやスペインがあげられますが、ダントツは中国。
中国のトマトがイタリアに輸出され、イタリアで加工されたトマト製品がイタリア産として缶詰などになって日本にも来ているそうです。

中国産が全て悪いということではないでしょうが、化学肥料や消毒薬などの多用は当然考えられるわけで、比較的安価な輸入食材は疑って見る必要があろうと思います。
そういう意味では、信濃町の地元産、特に生産者の顔がわかっているトマトで加工できることは実に安全だしありがたいことだと思っています。


0 件のコメント: