お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2017年9月5日火曜日

そろそろ夏野菜から秋野菜へ

9月に入って、我が菜園の状況も徐々に変わりつつあります。
お盆の頃から取れだしたミョウガですが、間をおいて2回収穫しましたが、下旬頃から白い花が咲きだし、花がついたミョウガはスカスカした感じで、料理には向かないようです。それでも最後の収穫をしました。

収穫期が終わる頃になると、ミョウガの苗は少しずつ枯れてきます。

1日に10本ほどと、あれほど採れたキュウリも葉っぱが枯れだし、ここ数日収穫はゼロ。 追肥すれば、まだ生ってくれるということですが、花芽はつくものの、なかなか実にはなってくれないようです。

味噌マヨやおかかと醤油などで食べたモロッコインゲンも実が固くなり、葉っぱが枯れだしています。

少し元気なのがミニトマトのアイコ。 アイコは楕円形のミニトマトで、皮が固いので日持ちがします。 普通の丸いミニトマトは生っている時から割れてしまいますが、アイコはそういうことがなく、サラダやジュースに最適なのです。

まだまだ元気なのがツルムラサキ。 準備したネットを越えて、隣にまで侵入するほど蔓が元気で、葉っぱは青々としています。 おひたしや油炒めなど調理も簡単そうです。

そんな中、カボチャを収穫しました。 カボチャは表面が固くなり、蔓の根本に枯れたスジが入りだしたら収穫期なのだそうです。 直径20cm大が1個、15cm大が5個、他に小さな坊っちゃんカボチャなどが取れています。
カボチャは熟成期間が必要だとか、一週間以上を置いてから調理した方が良いようです。また、長期保存に向かないものが多く、中から腐るものもあるようです。
昨年、家内の友人から頂いたカボチャが大変美味しかったので、種を取っておき、それをまいたら、期待通りのカボチャができました。 食堂などではカボチャ料理に砂糖を入れて甘みをつけるそうですが、そんなことをせずに、カボチャそのものだけの味で楽しめています。

我が家の畑にないものは、知り合いや友人などが届けてくれるのですが、その中で大きなものは夕顔などウリ系の野菜ですが、数日前、金糸瓜をいただきました。

シャキシャキした感じで茹でて、地元スーパーで売っているらっきょう酢で食べると美味しいです。

8月末に収穫時期を終えた苗を引き抜き、秋野菜として大根の種を撒きました。 「総太るり大根」とか「おでん大根」と言われる、冬の煮物に適した大根のようです。 あとは白菜なのですが、自前で蒔くか、毎年失敗ばかりしているので、友達の畑に頼るかなぁ〜?という、他力本願の算段を捨てきれないでいます。


0 件のコメント: