お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2004年2月8日日曜日

黒姫ゲレンデに思う

 道つけに雪を踏み固めていくのは、簡単なようでなかなか大変な作業であるが、道路に積もっている今日のほどほどの新雪を踏み込むと、キュッキュッという音がして何とも心地良いのである。
 連日の雪降りでうずもれた畑のコンポストを掘り出そうとするが、分っているようで場所を特定できず、ここと思った場所を掘るも見つからず、一汗かいた所で発見するのがたびたびである。
 そんな中、明日以降の雪降りに備えてかブルが来て道に残った雪を綺麗にかいて行く。 我が家の前も舗装が見えるほどきれいになったが、夕方冷えてからこの道を歩くのが非常に危険で、薄氷のような状態になった状態になり、安易に歩いていると滑ってしまい痣を作ってしまうことになるのである。

 今日は、やや雲が残るものの快晴の良い天気で、カメラを担いで富士里、仁の倉、黒姫高原と回ってみた。 前山スキー場脇の”黒姫アスティー”から俯瞰するゲレンデの景観はすばらしく杉野澤まで一望できた。
 廃止された第六のバーンにもシュプールがはっきりと見えたので、ラッセルしながら急勾配を登り滑り降りる人がおられるのだと感心してしまった。
 しかし、それにしてもゲレンデを滑走するスキーヤーの姿が少ない。 昼食時間で修学旅行生もいなかったためであろうが、一番混むクワッドでさえ待ち行列がない。 空いているゲレンデで思う存分に楽しめると喜んでいるスキーヤーもいるであろうが、スキー場の経営については全く分からないものの、こんな状態でいいのかと非常に疑問というか心配になってしまった。

(旧徒然日記から転記)



0 件のコメント: