お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2017年8月15日火曜日

8月15日は敗戦記念日

8月に入ると、広島・長崎に落とされた原子爆弾のこと、慰霊の集いなど、そして15日に日本軍による侵略戦争が集結したと、新聞やテレビなどのニュースが喧しくなります。

戦没者に対する慰霊の心は、半世紀以上生きている我々にとっても大事なことだとは思います。

しかし、アメリカ軍を中心とした日本国土への空爆で、未曾有の一般市民が意味もなく死に怪我をしているのです。
敗戦が決まるやいなや、日本軍の将校などは、日本の民間人や開拓民などを捨て置き、金目になるものを持って、日本に帰国したそうです。
シベリア抑留となった日本兵や民間人は、ロシアによる強制労働で辛酸を舐め、日本に帰ることもできなかったとのこと。

戦地に出た者は、その後も軍人恩給という形で、日本政府より篤く保護されて来ているのに、原爆や空襲や外地での捕虜、また徴用や慰安婦という形で苦しんだ人々への保護は全くなかったのに等しかったのです。

昭和天皇は、三種の神器を守るために、敗戦に同意したそうですが、その後は連合軍に日本を売り渡し、日本はアメリカ軍の日本駐留という形で、沖縄をはじめ地域の人々や生活が脅かされ続けているのです。

昭和天皇や吉田茂など、日本を誤った方向に導いた責任が問われるべきなのですが、戦後70年経っても疑問に思う日本人はほとんどいないようです。

あの戦争で、日本は満州や東南アジアに向け侵略戦争を展開し、それを阻止する連合軍に負けたのに、相変わらず「終戦」という言葉を使っています。
自衛隊は、「軍隊」そのものなのに、憲法9条に触れないように、「自衛のための戦力」というインチキ表現を使って来ました。

日本語には、曖昧な表現が多いです。 それが人と人との関わりの中で、潤滑油となっていることは否めませんが、オブラートな表現のため、きちんと決定すべき事を先送りしているのが、日本の政治なのです。

北朝鮮のミサイル(試験?)発射に対し、防備しなければと、建物や構築物の影に隠れて身を守るという政府の指示なんて、実に滑稽。
戦中、連合軍上陸に対し、竹槍で防備するのだと訓練を強要したのと、全く同一発想。

イギリスのBBCであったか、その事実をニュースにしていたが、日本政府の「馬鹿さ加減」「愚かな発想」に、日本人として実に恥ずかしい。

日本政府に外交能力が全くないのに、北朝鮮や中国、韓国を引き合いに出して、国民を騙しているのは、政府与党の面々が政治手腕を全く備えていないということなのです。
北方領土返還についても、全くの無策。 敗戦時のロシアの所業を精査すれば、いくらでも対策が考えられる筈。

戦後政治全般にわたって、有権者がそういう事実を理解、もしくは想定するような思考を持たなければ、日本という国は泥沼から浮き上がることはできないでしょう。

旭川の三浦綾子記念文学館が発行しているカレンダーの今月のページです。
日本のみならず、諸外国を含め、地球レベルでの人類生存について考えなければならない時代に来ているのです。

0 件のコメント: