お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2017年8月26日土曜日

パソコン内部にたまったゴミを取る

相変わらず雨と晴れが交互にやって来る空模様で、昨夕、雲が残るものの夕焼けが見られました。


この分なら明日は晴れるかなと思いきや、今朝は雨降り。 でも早々にあがって青空が見えだし、日差しが強くなりました。


この所、山頂まで見られる日は少ないです。
ヒグラシに代わってミンミンゼミが盛んに鳴き、コスモスの花が風にそよぐようになりました。 夜になると虫の音が聞こえています。 季節は秋なんですね。


さて、当方で使用しているMacBook Proは3年前に購入したもの。
長期使用でくたびれて来たのか、時々ダンマリになったり、動画を見ていると、グルグル白い輪っかが回って、次のデータがやって来ません。

SMCリセットやPRAMクリアというオマジナイをして、システムに溜まったゴミを捨てたり、遅延要因を探し出して一挙に捨ててくれるクリーナーアプリを起動するのですが、なかなか埒が明きません。
時々、カーネルが殆どのメモリを消費してしまうこともあるようです。

ネット検索すると、Mac本体の内部に溜まったホコリやゴミを除去すると、空調がうまくいって処理遅延が解消される由。

これまでの2基ある冷却ファンの回転数は常に6000前後でした。


早速、内部のゴミやホコリをエアー噴射で取り除いてくれる、ダストブロワー(またはエアーダスター)なる物をアマゾンに注文。

 
届いてから、早速、MacBook Proの裏蓋を開けようとするも、手持ちのドライバーの形状が合わない。 以前のMacBook Proでは使えた筈なのにと思い調べると、本機は星型でも5角なのだそうだ。
早速、製品名を調べて再度注文。
アップルの製品って、以前から通常のマイナスやプラスの一般的なネジを使わずに、形状の異なるネジを使っていますね。 蓋を取って内部を見るのは自分らの仕事だと、勝手に開けたものは保障の対象外だから、ユーザーには触らせないという姿勢が昔からありました。

ということで、ドライバーが届くまでの間、MacBook Proの排気口やコネクター口などなど、隙間がありそうな所に、エアーを吹きかけ、一部のゴミはさらに内部に滞留したようだが、外に飛び出してくるゴミも結構ありました。

その結果、
回転数が4000台に落ちました。

さらに到着したドライバーで裏蓋を開け、丁寧にエアーを吹きかけて、ゴミを飛ばし、空冷ファンの羽根の汚れも除去しました。

その結果、
回転数は3000台と、掃除する前の半分ほどになりました。

ゴミ取りが、処理遅延の抜本的な解決策ではないでしょうが、これで作業中のイライラがだいぶ解消されそうです。

これまでも機器の修理風景で、ダストブロワーを使用している姿を見ていたのですが、まだ身近な存在になっていませんでした。 電子機器や電気製品には意外にホコリを呼んで貯めるもので、これからは心して使って行こうと思っている所です。


0 件のコメント: