お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2006年1月12日木曜日

雪国の冬は長い

雪国の冬は長い

何も咲かない

冬の日は

下へ下へと

根を下ろそう


苗場荘にて


 大雪で孤立している栄村に対し、自衛隊が出動し除雪している姿が、この所テレビ画面に流れている。 隊員の方も仕事とは云え、大変なことだと思う。

 栄村の奥は、いわゆる秋山郷と云われ、苗場山の裏手になり登山道もあって、奥志賀に通ずる信州最後の秘境とも称せられるすばらしい景勝の地である。 昔からの豪雪地帯であり、それなりの準備はあろうが、今回のようなことは想像に絶する事象であろう。
秋山木工

 以前、秋山郷の苗場荘に泊まった時に、廊下に置いてある灯篭に書かれているこの言葉を見て、雪国に生きる心情というか、人々の芯(心)の強さを感じたのであった。 鈴木牧之の言葉なのかは定かではないが含蓄のある言葉であるとつくづく思う。

 岩魚料理をいただいた秋山木工の、この三階建てのお店も殆ど雪に埋もれていることであろう。

 孤立した村を救うべく除雪作業は進んでいることであろうが、現在の天気予報では、南からの高気圧が北上するとのこと。 今度は雪解けや雪崩に注意しなければならない。 この大雪が地球温暖化の一事象であると、理解している政府関係者はどれだけいるのだろうか?

0 件のコメント: