お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2006年2月16日木曜日

長野県北部の周遊切符

 15日のNIKKEI NETの甲信越版に、「長野県北部の周遊切符、JR東など4社が初の共同発売」という記事が掲載されていた。
 JR飯山線の森宮野原、JR信越線の黒姫から、しなの鉄道の上田、JR篠ノ井線の姥捨の間というから、松本や上田、軽井沢などは含まれていないようだ。

 この信州北回廊パスで、どういう旅が出来るのか、また黒姫にとってどんなプラスがあるのか気になる所でもある。

 東日本旅客鉄道(JR東日本)など4つの交通機関は共同で県北部の鉄道やバスが乗り降り自由になる周遊切符を3月1日に発売する。名付けて「信州北回廊パス」。長野市の善光寺や松代町、戸狩温泉などを巡る観光客の底上げにつなげたい考えだ。
 長野市や山ノ内町など県北部の16市町村と各地域の観光協会、交通機関が共同で観光振興を進める「信州北回廊プロジェクト」の一環として企画した。
 パスは2日間利用できる。乗車区間はJR東の姨捨―森宮野原と豊野―黒姫、長野電鉄の全線(長野―湯田中、須坂―屋代)、しなの鉄道の上田―篠ノ井、川中島バスの長野―松代。この4社の共同企画は初めて。
 料金は2500円(子供は1250円)。使い方にもよるが、通常の半額程度になるケースが多いという。パスの購入者には各地の観光情報や割引クーポンがついた「信州北回廊ふるさと手形」を提供する。
 4月1日から利用可能。JR東長野支社は「通年商品として定着させていきたい」(販売促進課)と期待している。

0 件のコメント: