お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2017年8月24日木曜日

「ボルシチ」には「ビーツ」

今朝、いつも6時に鳴る行善寺さんの鐘の音と共に降りだした雨。 今日も1日ジメジメした雨降りかなと思いきや、9時であったか10時であったか止んでしまい、徐々に雲の間から青空が見えだしていました。


そして、強い日差しに、残暑を思わせるものがあり、畑に降りても早々に上がって来ています。

さて、北信州の野菜のなかに「ボタコショウ」があります。 ピーマンを少し膨らませたような形をしていて、7月頃ですとピーマンとの差が感じられませんが、8月に入ってきますと徐々に辛さが増します。
通常、「ボタ」と呼んでいますが、空焼きして白いご飯でいただくわけです。「辛さ」に当たるか当たらないかで、食卓での一興になることもあります。
そして、この「ボタ」とナス、味噌漬け、ミョウガ、時にキュウリなどを微塵に切ってかんまし(かき混ぜ)、「やたら」を作り、温かいご飯にのせて食べるのも夏場の風情となっています。

我が家では相変わらずキュウリが採れていますが、葉っぱが枯れだし、そろそろ収穫の峠を越えたかなという感じです。


でも、葉っぱの陰に隠れたキュウリに気づかず、育ち過ぎていることもあります。
そんなキュウリは、種を捨てて、スライスし、やはり細かくしたチャーシューと炒めると意外に美味しい。

奥さん(おばさん)方の会話の中で、多量に採れる野菜の工夫を知ることもあるようです。
こちらは、キュウリとミョウガ、赤シソを刻んだ中に梅干し、そして少しの出汁を入れた一品。 さっぱりとした味で、ご飯がすすみます。


また、こちらは、やっと成りだしたゴーヤとサキイカでの一品。 ゴーヤの苦味が和らいで、こちらも美味しい。


やっと本題なのですが、

我が菜園では、今年、3回にわけてビーツを種から苗起こしをしてきて、先日1回目の苗からビーツ(根っこ)を採取しました。



ビーツを使った料理といえば、「ボルシチ」(しか知らないのですが ^^;)。
野菜から作るのは大変なので、家内の友人が紹介してくれた、ロゴスキーの缶詰(いなか風ボルシチ)を使います。


でも1缶900円近くの値段で、送料を含めると千円近くになりますので、そうしばしば使えません。 そこで、我が家では、ベースとなる野菜スープを作り、これに缶詰を混ぜて、二人で4回分程の量にしています。 それでも味は十分出ます。
時に牛肉を入れてみたり、入れなかったりですが、肉を入れないとあっさりし過ぎて物足りなさもあります。

これに生クリームやサワークリームを入れて食べるわけですが、質の良い美味しいクリームがない時は、EasiYo(ニュージーランドから輸入したヨーグルト)を利用します。

0 件のコメント: