お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2012年6月22日金曜日

東電から料金値上げ依頼の冊子が届く

黒姫の今朝の外気温は14度ほどで、あまりに涼しいのでちょっと暖を取りたくなり薪を焚いてしまいました。 そろそろ雨も止みそうなので気温は上がることでしょうから焚くのは一時です。


さて、黒姫は中電(中部電力)の管内ですが、主住場所は東電で、一昨日検針票と一緒に「電気料金値上げのお願い」と題した冊子が郵便受けに入っていました。

値上げ理由が記載されておりますが、我々にはその内容を精査する情報を持ち合わせておりません。 「やむなく値上げをお願いする」とありますが、そもそも福島原発の事故を発生させてしまった企業としての責任、経営者としての責任については何ら言及されておりません。

値上げモデルが記されておりますが、これが自分の家に該当するか分かりませんし、おうおうにして、企業(東電)側に都合がいいように、需要家が受け入れやすいように、モデルを記していることでしょう。 しかも、東電の利益の殆どは大手企業ではなく、一般家庭や商店からの売り上げによるとのことで、この値上げによる東電の売り上げは相当のものになると思われます。

しかし、相応の対策を講じながらもやむをえず値上げをお願いするとしながら、「社会保障と税の一体改革」と言いながら社会保障の改善策を明示せず、財政健全化(出るものを抑える)対策も検討せずに税金の値上げをしようとしている野田内閣と気脈を通ずるものが、この冊子にはあると云えます。

電気という市民にとっては欠くことのできない社会基盤を提供しているという奢りが電力会社にあり、しかも金で政治家やマスコミ、企業を縛り、役員や職員には法外な報酬を支払ってきたツケが今回の事故を招いたのでしょう。 親方日の丸的経営や殿様商売、放漫経営のなせる結果であり、事故発生は過去の役員を含め経営陣の責任なのであって、需要家に値上げをお願いするというのはそもそも本末転倒なのです。

経済産業省に値上げを申請中とありますが、経産省も一蓮托生の同じ穴のムジナですから、早晩認めることになるのでしょう。

国民年金など年金受給額は年々下がっているのに、健康保険料や住民税は増えつつあり、しかもこうやって電気料金などの値上げ、そして消費税などの税金値上げが続けば、憲法で認められている「全ての国民は、健康的で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という生存権すら脅かされてしまうのです。

野田を長とする民主党の面々も、東電のような大会社も、市民一人一人の生活権などに思いを馳せる気持ちも思考も持ち合わせていないようです。

なくそう原発、不払いしよう電気代!」に賛同したい気持ちはあるのですが、一人一人の力はあまりにも小さく、これまでの反政策運動のように、国家権力に抑えられ、最後は「諦観の境地」に陥るしかないのかと思うと、一歩を踏み出すことが出来ません。







0 件のコメント: