お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2012年12月28日金曜日

雪の中での生活が始まりました

先の選挙の直前に生活の党が未来の党になり、党首に滋賀県知事が就くという報道に何か納得がいかないものでしたが、私は未来の党に投票しました。 でも、選挙が終わった途端、「成田離婚」とのこと。 小沢さんの信念と嘉田さんのそれとに乖離があることがはっきりしたのでしょう。

未来の党ができた時、従前から小沢さんを推す人たちが離れて行ったとも聞きました。 私も嘉田さんの動きに何か違和感を、特に卒原発という言葉遊びのような感じを受けていたものとしては、分かれたのは良かったと思います。
小沢さんについてマスゴミ報道の洗脳の結果、相当に悪者意識を持つ人が多いようで、知り合いに未来の党への投票を頼んでも、「小沢さん嫌いなのよ」の一言で、確かに自民党時代、新進党時代など総じてみると、本人にも野望があったと思うし、彼の剛腕というのか手練手管は多かったことでしょう。 でも、70という年齢になって、政治家としての最終段階に来て最後に何をしなければいけないか、小沢さん自身気づいていることでしょう。 陸山会事件で相当に痛めつけられた (人格を破壊された) 挙句の結論が小沢さんにはあると思うのです。
息子を政治家に、あわよくば総理職につけたいと国会に復帰した石原慎太郎とは、その思考の重さも尊さも相当の開きがあると感じるのです。
一般市民がテレビや新聞など嘘だらけの報道に惑わされることなく、冷静に自分なりの判断・理解をしてほしいと願うものです。

そして、東日本大震災に対し救出作業に来てくれたというアメリカ軍の「トモダチ作戦」ですが、米軍の活動経費は日本に請求されていたそうです。 アメリカが助けてくれたと単純に思っている人は多いようですが、彼らは実(アメリカにとっての利益)がないと動かないのです。
しかも、昨日は、援助活動に出た空母の乗組員8人が、被曝によるガン発症の危険性が増したと東京電力に189(84?)億円の訴訟を起こしたとのことです。 その内容について判断する情報はありませんが、これまで災害による被災者への補償、救済金額の低さを考えると、こういう高額訴訟はあって然るべきでしょう。 東北地方という冬の住環境が厳しい所にあって、国は大手建設会社などに被災者住宅の建設を丸投げし、その結果できあがったプレハブ住宅は、寒さや雪害対策がされていないもので、被災者はすきま風や冷えに、さらに厳しん生活環境にさらされているわけです。

日本における被災者の状況は総じて軽んじられ、生命を失った者への補償も実に貧弱なものです。 米軍兵士による訴訟は、そういった日本の行政や司法における思考の流れを見直すきっかけになればいいと思います。

さて、昨日から黒姫在となりました。 帰省ラッシュを避けたつもりで昨日車で移動したのですが、東京都内は大変な渋滞でいつもは10数分で走る所を1時間以上もかかり、首都高から中央道、圏央道と遠回りしましたが、高速道路での渋滞はありませんでした。 昨日は仕事納めの直前ということで月末と同じ車の動きであったのでしょう。
朝、カメラ映像から真っ青な空に映える綺麗な黒姫山が見えていましたが、午後黒姫に着いた時も、雲一つない良い天気でした。 その影響か、夜の外気温は−8度になっていましたが、地域によっては−10以下になっていたそうです。


冬の季節は来宅して何かしらのトラブルに見舞われます。 今回は二階に通ずる温水管の分岐箇所で凍結が発生していたのでしょう、二階の洗面所や風呂でお湯が出ないのです。
家が温まれば自然に溶けるかなと思うものの叶わず、今朝ふと気がついて、1階天井裏の点検口を開けて、その真下で石油ストーブを焚きました。 昔のアラジン・ストーブなので、温風が真上に上がってくれるのです。 案の定、2〜3時間して氷が融けてお湯が出るようになりました。
不在になる時、水抜きをして水道管の中に水がない状態にしているのですが、分岐している所にはどうしても水が残ってしまい凍るのでした。

そして、今日は曇っていたもののそう寒くはなく家の回りの雪片付けをしましたが、月初からの寒波襲来で大雪が降っていたと聞いていたのですが、それほど大騒ぎするほどの積雪量ではなかったです。(一部ご近所に除雪機を入れてもらいましたが)
今夜も雪降りですが、これから日々積もった分だけ片付けていけば良いので、そう大きな負担にはならないでしょう。


0 件のコメント: