お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2013年5月13日月曜日

鎌仲ひとみ監督講演会 ーまとめの写真

5月12日(日)、信濃町総合会館で「内部被ばくを生き抜く」上映と製作者の鎌仲ひとみ監督の講演会が実施されました。


講演を聞いたひとりよがりの感想を書いても意味がありませんので、簡単明瞭に記されている信濃毎日新聞に掲載された記事の切り抜きを残しておきます。

ただ1つ大事なことは、日本で生産される食べ物は放射能に広く汚染されており、その汚染濃度は高まり(圧縮し)続けており、また産地偽装も日常茶飯事なので、我々一人一人が自分たちの健康にとって、何が良くて何が悪いのか、選択する目を養い、知識や情報を持ち続けなければならないということでしょう。 「風評被害」という言葉は、国や行政の対策の無さや遅れによる結果であり、国が決めた被ばく基準値は、子供の安全という視点で決められたものではないという認識を強く持ちたいです。

ファミレスなどの外食、スーパーやコンビニなどの出来合い食品、ハンバーガーなどのジャンクフード 、そういった出処の分からない食べ物中心の食生活は見なおさなければいけませんね。

*5月11日(土)の実施告知記事


*5月13日(月)の記事

(追記:5月18日)
13日の信毎記事の中で、記者が「妥協」という表現を使っていたが、これは鎌仲監督が言わんとした主旨、講演会主催側の意図とはだいぶ異なるニューアンスでした。 意見を異にする人とも疎通を図り理解し合うということであって、妥協ではないのです。(追記了)

その他の写真を掲載しておきます。
 *会場の信濃町総合会館
*受付、書籍販売などの準備
*監督はこの電車でやって来ました。
*監督が会場に到着し、一番にやられたことは看板前の記念撮影
 *会場に予定した座席がいっぱいになりました。
*「子供たちの命」を思う若い女性スタッフからの挨拶
*「内部被ばくを生き抜く」上映後の休憩時、ロビーは大変な混雑
*監督も販売スタッフに加わり、ただちにサイン会が始まりました。
*監督の講演は1時間ほどで、大変わかり易く説かれていました。 そして会場からの質問は30分以上にわたり続いていました。
*終了後のサイン会。 みなさん、著作、作品DVDを大量に買って下さいました。 そして最後に「母の日」のカーネーション・プレゼントが来場者(主にお母さん)に。

講演会終了後、監督はスタッフとともに意見交換などを含めた会に参加され、福島を舞台にした次の作品「小さき声のカノンー選択する人々」ー仮称?の製作のため、笑顔の内に、最終の新幹線に乗ると信濃町を後にされていました。

0 件のコメント: