お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2006年8月17日木曜日

苗名滝へ歩く

 雲行きが少し怪しいかなと思いつつ、今日は、「信濃路自然歩道」の一つであろう、「中部北部自然歩道」の一部を歩いて来た。 信濃町が「癒しの道」と称して推奨している苗名滝までのハイキング道である。
町営駐車場から見る黒姫トロッコ道

 「信濃路自然歩道」とネット検索すると、長野県内のあちこちの地域で呼称されており、特定の地域や道を示すものではないようだ。 「中部北部自然歩道」というのは環境省が設置しているようだが、環境省のページへ行っても、その具体的な計画内容は分からなかった。

 この所の晴天続きのおかげで道は乾いており歩きやすい。 下草を刈ったような形跡があり、手入れが行き届いているなと思っていたら、ロッジしらかばの高力さんがビーバー(エンジン付き草刈機)をかついで戻ってくる所に出会った。 黒姫山登山道の管理もそうだが、こうやって我々の目に触れない所で手を入れてくれているおかげで、心配なく歩けるのであろう。 高沢付近で熊が出たと聞いていたので聞くと、熊の臭いはしていないとのこと。
 たくさんのヤブ蚊に悩まされながら、東北電力の送水管を越えた。 高沢発電所の真上である。
山アジサイ

 本当は立入禁止なのであろうが、東北電力の施設から見ることができる、妙高山の裾野や杉野原の眺望がすばらしい。 斑尾の横、遠くには鍋倉山であろう、さらに遠くには北越の峰峯が幾重にも連なり気持ちの良い風景であった。 とうに盛りを越えた山アジサイの花だが、いまだその青さをたくわえていた。
苗名滝 地雷也洞窟の先からは崩落があり、道も狭いので気をつける必要がある。 ここも一時、土砂崩れで通行禁止になっていたらしいが、僅かに積もった土砂の上を越えて通れるようになっている。
 それにしても、この付近の道の管理が不十分といつも感じる。 道の管理が東北電力なのか信濃町かは分からないが、もう少し崩落した石の片付けや危険表示があっても良いと思う。 土管のトンネルもあまりいい気持ちがしない。 高力さんのような方の善意にのっているだけでは、十分な維持管理ができないであろうと思う。

鳴けない山鳥の詩


 この苗名滝への道から水沢川に沿って住んでいたサンカの人々の物語があるというのに、これを黒姫のイメージとして大きなプロジェクトを企画しないのは勿体ないと常々思う。
 高沢地区に下りてくると、関川沿いの畑には、秋の実りを迎えようとする稲やそばが生っていた。
高沢地区の畑


高沢地区の畑


 高沢から歩いて町営駐車場へ戻る時、コスモス園との分かれ道に、行先板があり苗名滝5.7kmと表示されていた。 ものによっては7.4kmとか7kmと表示されているものがあり、正確な距離数はいくつなのだろうか分からない。 因みに苗名滝まで8800歩であったので6km前後が正解なのかもしれない。

0 件のコメント: