お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2007年12月13日木曜日

おーい 雲よ

今日の暦から : 二日酔い解消にシジミ汁


稲付から見た黒姫と妙高

 先日、黒姫に来られた客人は小さなギターをかかえ、お手製の歌詞冊子をもって、招かれればどこでも歌っておられる。 今回、歌ってくれた中に、「おーい 雲よ」という曲があった。 作詞作曲は黒坂正文さんという方だそうで、ネット検索したら「コカリナの世界へようこそ」というページに辿りつき、そちらでは黒坂黒太郎さんと書かれており、お名前の違いなど詳しくは分からなかった。
 さて、その「おーい 雲よ」の歌詞の中の、「太郎山」や「」を「黒姫山」に置き換えて、彼女は歌ってくれたのであった。 その歌声が、何か黒姫のフィーリングにぴったりの感じで、同席された方々の心にも響いていたようだった。 その歌詞をここに残そう。
 なお、彼女の歌声は、以前に書き残した記事「四月の光の中で」の中でさわりだけを聞くことができる。
















































おーい 雲よ   曲・詞 黒坂正文
ref.おーい 雲よ どこへ行くんだい
太郎山のむこうまで
おーい 雲よ どこへ行くんだい 私はここにいる
1.私の好きだった人は 遠くへ行ってしまった
私と この町と 青い空と 山をすてて
2.私は この町で生まれ 育ち 生きてきた
川の流れに 夕陽をながめて 泣いてきた
3.川辺に咲く花 ひとつひとつに 心あたたまる
橋や堤防や とんびのうたも みんな友だちだ
4.私はこの町で 私の人生を終えるだろう
それまで私は精いっぱい 笑って暮らすだろう



2 件のコメント:

mitani さんのコメント...

この詩、どこかで聞き覚えがあると思ったら…
山村暮鳥の詩ですね。
おーい雲よ
悠々と
馬鹿に呑気そうじゃないか
何処まで行くんだ
ずっと磐城平の方まで行くんか
確か中学の教科書だったと思います。
当時も何となく心惹かれ、空を見上げては雲に語りかけた(笑)のを覚えています。

はんぐろ さんのコメント...

私は、叙情的な素養が生来ないので、中高での国語や古文、漢文、全てギリギリの線で通過しており、mitaniさんのように古を思い出すような記憶も全くありません。:pp_02.gif:
入試の時も国語がない学部を選んでいた次第です。
従い、言葉通りの感覚なのですが、何気にこの詞が黒姫に、特に我が家から黒姫山を見ている時にうってつけだと思ったようなわけです。