お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2006年9月30日土曜日

童話館の道を歩く

童話館への道を歩く 今日は雲が多い空ながら、爽やかな風が吹いており、誘われるままに童話館へ通ずる道を歩いた。 遊歩道には、韃靼蕎麦赤そば(=高嶺ルビー2006/11修正)の赤い花が咲き乱れ、良い雰囲気を醸し出していた。 前山ゲレンデの頂上に立つと、高原一帯を見渡せた。 雲が降りていなければ黒姫山を中心とした壮大なパノラマが見られたと思うが、お天気のことばかりは仕方がない。
 山の方から散弾銃の音が聞こえていたので、害獣駆除で鉄砲撃ちが山に入っているのかもしれない。 今年の山間を見ると、まともにナナカマドの実もつけていないとのこと。 熊にとっては生きるために危険を冒して里に降りざるを得ないのであろう。 野尻や針の木でも熊の陰を見たという話がある。
 通学時の小学生など、人間の安全を考える必要はあるが、熊が人里に下りてくる要因を人間が作って来たことの反省から、熊対策を考えていかなければ、抜本的な解決にはならないと思う。


0 件のコメント: