お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2007年4月15日日曜日

サライ(1993年6月17日号)から その3

今日の暦から : 旬の食物、栄養豊富

 山畠や蕎麦の白さもそ(ぞ)つとする
 9~10頁では、一茶が「こよなく愛した信濃蕎麦」と題して、信濃町の特産である蕎麦を特集し、まずは蕎麦饅頭の写真から始まっている。
 標高700mの霧火山灰地が美味しい蕎麦を育てていると云われているが、この霧は蕎麦だけでなく美味しい野菜の生育にも効果を発揮しているように思う。 トウモロコシやトマトなど、真夏の野菜は大変美味しい。 この霧下というのは、早朝我が家からもよく見えるが、明け方になると自然に湧き、薄い雲が横一直線にたなびいているようになって、仁の倉から黒姫開拓辺りまでの集落を隠してしまう。 そして8時頃になって温度が上がってくると霧は自然に消えてしまう。
 インスタントラーメンの元祖だと言われる、凍り蕎麦のことも書かれているが、少し珍しいだけで、それほど美味いものだとは思わない。 昔の人々が知恵を出して保存食品を作ったという所に意義があるのであろう。
 10頁目では、若月さんが蕎麦を打つ風景を写した写真が載っている。 この雑誌が発行された頃であったか、若月さんは柏原小学校の奥に蕎麦を食べさせる店を開き、小学館の他の雑誌にも顔を出されていた。 開店当初は何回か行ったが、最近は全く行かなくなってしまった。
9頁目 一茶が愛したのは、蕎麦粉100%の信濃蕎麦 10頁目 凍り蕎麦と蕎麦打ち

 11~12頁では、「野山の珍味を食卓へ」と題して、春先の山菜や秋の茸採りを説明している。 信濃町の山菜となると、一番に挙げられるのはタケノコ(ネマガリダケ)であろう。 ぜんまいワラビコゴミなども充分取れるが、太くて軟らかいものとなると、妙高や志賀の奥で採れるものに負けてしまう。
 頁の下段で、辛漬けを記述しているが、これだけでは一般の方は分からないかもしれない。 長さ20cm弱の青くび大根というのか、これと青々とした辛し(ピーマンや赤唐辛子の形に近いもので非常に辛い)を一緒に漬けるのである。 辛しの香りが大根に染みとおり、これは兎にも角にも美味しく、お茶おけには一番であろう。
11頁目 野山の珍味を食卓へ 12頁目 柏原の山菜・保存料理など


0 件のコメント: