お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2013年3月25日月曜日

木造の古間小学校旧校舎

今朝長野行きの最初の列車の妙高号は国鉄色の車輌が使われていて、次の長野発下り妙高号で再び走ってくるのかなと思ったら、夕方まで通常の緑色の189系列車が行き交っていました。 でも昼過ぎ定時列車とは別(たぶん回送)の、1輌だけの電気機関車が長野方面へ、そして、4輌編成の淡い色の列車が黒姫へと通過していました。

今日の日中は曇っていて、夕方になって青空が出てくるのかなと思ったら、5時半頃にわかに雪が舞って来ました。 東の空には間もなく満月になる月が見えていて、そんな中での雪降りでした。 でもシーズン最後の名残の雪でしょう、予報の21時頃には止んでいました。

昨日は、信濃町の町議会議員選挙の投票日でしたが、結局定員14名の立候補ということで、無投票で決まってしまい、その中には公約を明示せず、またポスターも掲示板に貼らない方がおりました。 公約の無い選挙というものがあるのだと初めて認識した次第です。
私は、町政についての知識も理解もありませんが、うわさ話として伝わってくる、町政に関わっている方々について、町政を預かる身としてこれでいいのかなと多々疑問に思えるものがあるのです。
夜逃げ同然で町を去って行った方、町政に対する疑問を持たず議会での質問事項を代理作成してもらう方、一部の方の権益を守るためにだけ町政の場へ出る方、主たる職業での不十分な収入を補うために出るだけの方、納税など市民としての責任を果たしていない方などなど、その職に相応しくない方々が一部におられるようです。 伝聞ですので、それでもって一律に判断するのは危険とはおもうのですが、そのようなうわさ話があること自体、大変憂うべき存在だと思います。
 国政の場にあっても人品卑しい政治家や官僚が多く見られることもあり、日本の政治は大も小も自己の権益に拘泥する者、政治能力の無い者の場であること、そしてそういった人物を見抜けずに選ぶ国民(市民)という存在に実に残念な思いがあります。


さて日増しに雪がとけて、これまで家を出る時は必ず長靴を履いていたのですが、ここ数日はサンダルや運動靴に変わってしまい、散歩の途中に築100年を越えているらしい、元古間小学校の木造の旧校舎を見てきました。

数十年前でしょうか、近くにモルタル校舎が出来てからは、旧校舎は古間支館という名で公民館として使われて来ましたが、数年前より強度不足で地震による倒壊が懸念されると、使用禁止となり、公民館活動は小中一貫校で不要となった古間小学校校舎を使うことになったそうです。
そして、この旧校舎は、取り壊すのか、所定の手当をして保存するのか、役場内に委員会を組成して検討しているとのことです。
旧校舎は、松本市にある旧開智学校ほどの立派さはありませんが、それに準ずるほどの文化的要素を持つ建築物だと思われます。 取り壊すのは信濃町のみならず、日本の歴史にとって大きな損失ですので、単に維持費用に囚われるだけの安易な結論に至らないことを願っています。


0 件のコメント: