お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2013年3月5日火曜日

「内部被ばくを生き抜く」映画会へ

朝は寒かったものの日中は温かく、積もった雪の嵩もだんだん下がっています。
昨日に続いて今日も晴れた天気になりましたが、1月頃に見られるような雲のない真っ青な空になることはなく、夕方になってやっと雲の形が小さくなり山の稜線がはっきりとしてきます。
我が家から見る日の入りは、冬至の頃は飯縄山に、夏至の頃は黒姫山に見られ、中間になる今頃は戸隠の峰々に落ちて行っています。


さて、1月に信濃町で、「シェーナウの想い」というドイツの小さな町が自然エネルギーを求めて活動した映画を見ましたが、今回は、「六ケ所ラプソディー」や「ミツバチの羽音と地球の回転」という原子力をテーマにドキュメンタリー映画の製作をされてきた鎌仲ひとみさんの「内部被ばくを生き抜く」の映画会が総合会館で実施されると、その2回目の会に今日参加して来ました。


 福島原発事故に対しては、脱(反)原発と自然エネルギー化いう大きなテーマにむけて全国各所で活動が行われていますが、近緊の問題として、放射能に汚染された地域の住民の生活や健康をどう解決していくかということが大きくクローズアップされています。
外部被ばくに対しては測定器の値が基準値におさまるよう除染活動が行われていますが、水で流した汚染物質はどこかに溜まっていくのでしょうし、汚染土の処理にたいしても抜本的な方策が示されていません。 そもそも国の基準が本当に安全なものか実際には誰も分かりませんし、除染という作業も本当に効果があるのか疑問に思え、実効のない見せかけ対策のようにも感じられます。

そして、さらに大きな問題が内部被ばくで、放射性物質が体内に入り蓄積されると、遺伝子を破壊し奇形児や先天的な病気を持つ子供が生まれたり、ガン性の病気になりやすくなるとのことです。 特に、幼少から18歳頃までの成長期に注意を要するそうです。
国などは「ただちに影響のあるレベルではない」と平静を装って国民を騙していますが、被ばくに関する医療現場で活動してきた医師の声を聞き、そして福島の二本松市で子供の内部被ばくに対し奔走されている真行寺の佐々木さんの姿を追い、最後は肥田医師の「健全な体と心」を醸成するような生き方が大事だという言葉(そのような意味であったと記憶)に、わずかですが希望の光を見た思いがしました。

TEAM二本松 佐々木道範
福島の子どもたちを守れ「真行寺交流会」ビデオhttp://www.youtube.com/watch?v=SaUImSxNjo0

真宗大谷派のお寺さんは、先の戦争協力への反省もあって、平和希求や被災者救済への活動をされているとよく聞きます。 宗教が政治や経済に口を出すのは一種の勢力拡大、覇権であって、真に市民を救けるものではありません。 佐々木さんのような活動を各宗教界で真摯に考え実行に移せば、大きな救済に、結果として布教にもつながるのではと思います。

 今日の参加者はそう多くはありませんでしたが、戸隠や信州信町から来られた若いお母さんもおられて、小さなお子さんを健やかに育てるためにと学ぼうとされているようでした。 またお子さんへの放射能汚染を憂慮され、働くご主人と離れて実家に転居して来ているというお母さんもおられ、原発事故に生活を狂わされた人々の思いの一遍をうかがい知ることができました。

主催者によると、黒姫駅前の萬屋酒店さんでこの4月から再び食品の線量検査をはじめると、また、5月12日に「内部被ばくを生き抜く」の上映会と製作された鎌仲ひとみ監督の講演会を行うとのことでした。 私たちも是非参加したいと思っています。


なお、来る10日に長野駅に近い南千歳公園で、「つながろうフクシマ! ひろげよう脱原発! 3.10長野行動」が実施されるとのことです。


0 件のコメント: