お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2013年3月4日月曜日

クロカン・スクールとスノーシュー

今朝は曇っていましたが、だんだん青空が見え出し温かくなりました。 11時古間北跨線橋には再び撮り鉄カメラマンが群がっていましたが、峰々には大きな雲が残り、晴れたものの背景としてはあまり良くなかったように思われます。
やはり、1月から2月上旬にかけた時期が空の青さと山肌の白さが一番鮮明で、冬の撮り鉄としては一番良い時期ではないかと思います。

さて、一昨日から大阪の親しい友人夫妻を迎え、昨日は「この指とまれ☆しなの」が主催したクロスカントリースキー基本技術教室に客人ともども参加して来ました。
場所は、ふだん野球などの練習をしている古間グランドです。


20数年前黒姫に来てから誘われるままにゲレンデスキーをして来ましたが、だんだん滑る仲間がいなくなると、ただ一人圧雪されたゲレンデを滑ってもつまらなく、興味がだんだん薄らぎ、加え重い板や足をガチガチに固定するブーツにも嫌気がさして、ここ5年ほどは全く滑らなくなっていました。
そんな中、スノーシューで森を歩く楽しさを知り回を重ねているうちに、クロスカントリースキーを楽しんでいる方々を見かけるようになり関心を持ったわけです。

しかし、いざスクールに入ると、あの楽しそうで楽(らく)そうなクロカン・スキーが実に難しいものだと分かったのでした。 スケートに上達している方は早くに慣れるそうですが、当方はスケートの体験は人生で2度ほどで、全く滑れないに等しいのです。
体重を片足の指付近にかけながらストックで推進力を出すそうですが、左右にふらついたり、後傾になって転びそうになったりと、ひしひしと難しさばかりが感じられるのでした。
それでも滑っていると何気に片方の足を蹴り、もう一方の足を滑らすことで、ただの歩きが少しずつスキー滑りに近づきつつありました。 昨年からノルディックウォーキングをはじめてストックで推進力を増すことを覚えていましたので、どことなくその効果もあったように思います。


ただ斜面を下る感覚がどうしても分かりません。 自然に滑り出しますと、ついつい両足で立ってしまうような動作になり、後傾となって転ぶのでした。
私にとってはほとんど進歩がない2時間ほどのクロカン教室でしたが、回を重ねればゆっくりながらも少しは上達するでしょうから、またスクールを見つけては参加していこうと思ってます。

この指とまれFacebookから

軽い雪が舞うクロカンスクールのあと、午後からは童話の森へスノーシュー歩きに出かけました。 曇っていたので眺望はありませんでしたが、ふわふわの新雪を踏みしめ、なかなか気持ちの良い森歩きでした。


そして、今日、青空が見える中、再び童話の森へ歩きに出かけ、雪はやや緩んでいたものの、色々コースを変えて森歩きを楽しんで来ました。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

綺麗なお写真ありがとうございます。
思わず冬の黒姫に帰りたくなります。
毎日ブログを楽しみに拝見しています。

hanguro さんのコメント...

ただシャッターボタンを押しているだけの写真ですが、少しでも黒姫の様子をお伝えできれば幸いです。