お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2008年12月11日木曜日

「魂のレッスン」を読む

 C.W.ニコル氏の著作「魂のレッスン - ぼくとモーガン先生の日々」を読んだ。 ニコルさんの著作は失礼であるが稚拙な部分もあって、これまで多くを読んではおらず、時折(古)書店で見つけると買い求めているのだが、本書を読んで久しぶりに爽やかな思いがした。

 本書の主人公である祐介という少年が登校拒否を繰り返す中で、イギリス赴任の父親と報道関連の仕事をする母親は一計を案じ、少年を祖父母が暮らす郷里での生活を勧める。 その郷里とは当然黒姫だと思うのだが、祐介は、奥さんを亡くして愛犬と暮らすモーガンさんと知り合い、自然との関わりに目覚めて行く。 捕まえた熊を放す話や、川の改修工事のこと、森林伐採や産業廃棄物の違法投棄など、今まさに黒姫で起きていることや過去に起きたことなどがテーマやモチーフにされていると思える。 モーガンさんは当然ニコルさんをモデルにしているのであろうが、登場人物の何人かは実際に黒姫に住むあの人をモデルにしているのではと思えたりして楽しい。

魂のレッスン

 祐介がイギリスへ留学し、さらにケンブリッジ大学へと進むのだが、そんな間にモーガンさんは亡くなる。 モーガンさんは自分の想いを十分に継いでくれた祐介に住んでいた建物や土地を遺すのだが、老境に入りつつあるニコルさんの想いがここに描かれているようにも思えてしまった。 的確な表現が見つからないが、中学から高校にかけて成長していく若者に、生きることの意味や自然との関わりなどを含め、本書は考えるヒントを与えてくれるではないかと思った。 信濃町の中学校など、できれば推薦図書のような形で置かれていたら嬉しい。

 祐介がモーガンさんに英会話を習う場面があったり、海外の人々との交流、さらには英文があちこちで出てきたと思ったら、本書はNHKラジオ新基礎英語のテキストに連載されたものを1冊にまとめられたと巻末に記されていた。



0 件のコメント: