お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2008年7月4日金曜日

町文化財から旧碑2基

 19日のコスモス園開園に間に合わせたのでしょう、ゲレンデ(コスモス園)のライブカメラが復旧した(レンズの方向が従前と同じ所を見ると、ただ電源を入れ直しただけかも)ようだが、コスモプラザ前に植えられたコスモスはまだ伸びていないように見えた。 19日までに花芽をつけるのかちょっと気がかり。 以前は開園して一週間はあまり花をつけていないということで無料であったが、昨年辺りから開園即有料になっている。



 さて、信濃町には、町役場が指定した有形無形の文化財があるが、その中の旧碑を写真に撮ってあったのでここに残すことにした。 墓碑句碑の旧いものを旧碑と云って良いか分からないが、「旧碑」や「古碑」でネット検索すると、色々なサイトがヒットされ使われているので問題なさそうだ。

 その旧碑の一つは、柏原諏訪神社の境内に残る一茶句碑で、もう一つは赤渋の雲竜寺山門に立つ長月庵若翁の墓碑

 一茶句碑は、文政12年(1829年)一茶三回忌に、弟弥兵衛や門人等によって柏原宿の入口に建立され、明治10年に諏訪神社境内に移転されたと説明書きが碑の横にある。 移転は国道の造成によるものであろうが、柏原宿の入口というと現在国道から古間へ降りる急坂の所に火の見櫓があるが、あの辺りになるであろうか。

 もう一つ、一番旧いという芭蕉句碑が野尻にあるのだが、残念ながら写真に収めたことがない。 なお、信濃町役場に文化財を一覧にしたページがある。













松蔭に寝てくふ六十よ州かな








 赤渋の雲竜寺については、「山に祈り、神々と暮らす 信州・黒姫卿『山窩民族哀話』」と枕詞がついた「鳴けない山鳥の詩」という、黒姫山中に住んでいた杣人の物語をかつて読んで知っていた。 本書にある頃の雲竜寺はもっと山に近い所にあったようで、赤渋から前山へ向かう道の途中に立て札があったので、以前に藪の中を分け入ってみたが、寺のあった場所は確認できなかった。

 この4~5月に一茶記念館で雲龍寺寺宝展が開かれて、一茶祭の際に寺宝を見るとともに長月庵若翁のことを知り、後日雲竜寺を訪ね墓碑を確認したのであった。


















 寺宝展の時に展示してあった、葛飾北斎の弟子だという為斎が書いた屏風絵「玉巵弾琴図」が素晴らしかったが、再び観られる機会はないのであろうか、ちょっと勿体無い感じがする。



今日の暦から : 階段使って足腰強化




0 件のコメント: