お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2008年7月28日月曜日

通院体験から

 先週、夜になって家人が体調を悪くしたため、救急(119)へ夜間診療可能な病院を聞いたが、救急車を呼んだ段階にならないと分からないとの回答。
 そこまで切羽詰っていたわけではないので、町内にある近くの総合病院へ電話した所、とりあえず来てみてというので訪ねた。 当直医師はタバコくさい匂いを放ちながらやってきて、事前に電話内容を聞いていたのか、患者本人を診ずに、また本人の話も聞かずに、一方的に「くも膜下出血」の疑いがあり当院ではCTスキャナーがないので最寄の専門病院へ行って欲しいと言う。
 しかし、医師本人はどの病院へ紹介して良いか分からず、看護士に聞く始末。 看護士が挙げた中の一つの病院を紹介すると言いながら、自分はさっさと宿直室であろうか引き上げて行った。
 患者本人は、「頭が痛い」とは言っていないのにと憤りを感じるも、吐き気が止まらないので、やむなく従うことにし、3~40分かけて長野市内の専門病院へ行った。
 そこでただちにCTスキャンをするも脳に異常は認められない。 明日、MRI検査をするからと即時入院し、結果として何の異常もなく、本人も復調し翌日退院することが出来た。

��遡ってみると、当人は血圧を下げようと降圧剤のアムロジンを飲んでいたのだが、血圧を下げるよりも、逆の副作用が出て震えや吐き気の症状が現れたようだった。 当初、服用した薬やその副作用に眼が向いていればおおごとにならずに済んでいたかもしれない。 そういう思慮分別が出来ない医者を一般にヘボ医者と言うのであろう。)

 原因がよく分からず体調不良には誰でもなることであるが、医師という者はまず患者の申し出をよく聞いてから症状を判断するものであろう。 夜間であるためか、厄介払いをするように患者をたらい回ししたとしか思われず、こんなに真意のない医者がこの町に居て良いのかと疑問に思えた。
 かく言う自分も、昨年、蜂に指されてその病院へ行った。 その時の医師も患部を何も診ずに、薬を出すからの一言であった。 患者の話を聞かないのが、この病院の伝統なのか、たまたまそういう不遜な医師に当たってしまったのかは分からない。
 それほど大きくない病院で、そのような2人の医師に当たったということは、病院というか職員全体の問題であろう。

 以前、町の財政問題で病院事業における人件費が問題になったことがあり、何人かの医師はやめ、新しい医師が入れ替わり入って来た。 近所の人たちは、隣町の病院の方が手当てが良いと言っていたが、財政困窮は町民が身近な病院へ行かないからではないかと思っていた。
 しかし、いざ自分たちが体験してみると、診療を受けるに値する人材がいない病院であると分かると同時に、以前隣町の病院へ行くと言っていた近所の人の言葉の意味が分かった。
 町には種々の問題があり、行政も経済も好転するような材料は決してない。 そんな状況にあって地域医療という大事な面で形ばかりの診療が行われているとしたら、そんな病院は無駄であり無い方が良い。 診療所程度の小さな規模になっても、手厚い介護や診察が行えるとしたら、それに越したことはないであろうと思う。
 少なくとも患者の声を聞かない医師は願い下げである。

今日の暦から : 冷房病には自衛の長そで

0 件のコメント: