お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2008年6月7日土曜日

インターネット・ラジオ製作記

 以前にインターネットラジオという記事を書いたが、インターネット上には数万という音楽(ストリーミング)サイトがあって殆ど無料で種々の音楽を聴くことができる。

 先日、久しぶりに東京・秋葉原にある秋月電子通商のホームページを開いてみた。 秋葉原はどなたもご存知のように、もともと新品とジャンク品のラジオ部品販売から始まった土地だが、この秋月電子はメーカーが放出した半完成品やキット製品など少し毛色の違うものがあって、お店はいつも大変な人だかりで誰もが面白い部品がないかと探しており、ファンの多い店でもある。
 会社創立が1978年だというから30年間も商売を続けていることになる。 これまでもCQ誌やトラ技誌の広告を見たりして、随分とキットや充電池、ICなど色々購入してきたが、最近はモノを作る意欲がなくなり、店の前を通っても店内を覘くことが殆どなくなった。

さて、そんな秋月電子のホームページを見ていて、Webラジオ・キット(BB-Shout)という商品があることに気づいた。 インターネット上の音楽はパソコンでアクセスして聞かなければいけないのだが、このラジオがあれば単体で聞くことが出来るとのこと。 早速、寝ていた腹の虫が動き出して、通販で取り寄せることにした。


 半田ごてを握るのは何年ぶりであろうか。 35年位前にNECのマイコンキットTK-80を組み立てて以来、自動車の調光器など製作もしたが、最近はほとんどそのような細かい作業をすることがなかった。
 まず作業は部品の点数確認から始まるのだが、電子部品は小さな物が多く印刷された型名が見えず、ルーペを持ち出してしまう始末。 重要な集積回路などは既にプリント基板に組み込まれているので、コンデンサーやダイオードの極性に注意すれば、それほど難しい作業ではない。
慎重に行ったので2時間ほどかかったが、慣れれば30分ほどで終わってしまうであろう。


しかし、完成して電源を入れても液晶画面は真っ白で何も表示されない。 説明書を見ているうちにLCDコントラスト調整用のボリュームがあることに気づいた。 しかし、音は出るもののロシア語のようなわけの分からない文字ばかりが表示される。
 LCD回りの半田の載りが悪い箇所があるのであろうと鏝を温めるが、今度は端からエラーランプが点灯したまま。 再び、鏝で半田をもり、短絡箇所がないことを確認し通電した所、正常に動き出した。

 そこで早速、放送局の登録である。 クラシック、ワールド、ジャズ、オールディーズなどなど40ほど登録したが、この作業はパソコン側で行う。
 本機は100局登録できるが、ジャンル毎に登録できず登録順に表示されてしまうので、一定の登録番号まで移動させるという作業が必要となる。(バックアップデータは単なるテキストファイルなので、エディタで編集してデータを元に戻せば簡単な作業で終わることが分かった) ただ現在使用している回線だと、128kbps以下のビットレートでないと回線ネックで音が途切れてしまう。 また音源がMP3主体でAACなどは聞くことが出来ない。

 興味のある方は、キット製作会社のトライステートか、秋月電子通商のサイトを参照されたい。
半田ごてを握るのに抵抗がある方は4千円ほど追加すれば完成品を購入できる。 また、マイコン少年のようなことはせず、しっかりした製品を欲しいという方は、秋葉原のツクモで販売しているインターネットラジオチューナーNTD-9000という完成品を買われるといいだろう。 サイトの説明を見ると中身は本機と同じもののようである。

今日の暦から : 虫歯予防に正しい歯磨き

0 件のコメント: