お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2009年1月25日日曜日

象の小径、国際村湖畔を歩く

高妻山

 今日は朝から快晴であったので、象の小径と国際村湖畔周辺を歩いて来た。 氷が張って一面白くなった針ノ木池を通って野尻湖周遊道路から子供未来の森へ通じる(たぶん工事用の)道へと入って行った。 積雪がどの程度か分からなかったが、クロカンやスノーシューの跡があったのでたぶん大丈夫であろうと長靴のままで歩いた。 たぶん昨夜からマイナスの気温であったので雪も締まっていたので難なく歩くことが出来たが、新雪であったり緩んだ気温であったなら易々とは歩けなかったと思う。
 子供未来の森からは、斑尾山と妙高山の眺望があるのだが、黒姫山は残念ながら木々や弦などで遮られてしまう。 続いて象の小径へと入って行ったが途中で引き返し、国際村湖畔へと出た。 野尻湖の水はいつものように揺れており、氷結するような素振りは見せていない。 凍った氷を割ってワカサギ釣りをする光景は昔の風物詩であって、温暖化の現代では想像すら出来ない。
 この湖畔道路も、昔は夏の売店があった辺りまでしか除雪せず通れなかったが、今は全面除雪しているので車で通ることも可能だ。 さらに、親水?(野尻湖畔)公園へと足を伸ばし、ナウマン象のモニュメントに会おうとしたが、冬場は冬眠するようで台座だけが大木の間に置かれていた。 なお、ナウマン象のモニュメントのことは、野尻湖フォーラムの40号を参照されたい。 この後、国際村の中を歩いてみたが、あまり良い景色には出会うことはできず、3時間ほどの散歩を終えて帰って来た。

 あとで知ったが、散歩の途中に地震が起きていた。 震源地は長野県北部で信濃町の中心である柏原が震度3とのこと。

子供未来の公園から斑尾山を見る妙高山積雪に映える木陰国際村湖畔から妙高山を見る
湖畔から斑尾山を見る遊び手のいない公園の遊具親水公園から斑尾山全面凍った針ノ木池


0 件のコメント: