お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2009年1月23日金曜日

信濃町に宿泊した修学旅行生にトラブル

信毎ニュース

 今朝も暖かく真冬では考えられないようなモヤが立ち込めていた。

 昨日から今日にかけて信濃町がテレビニュースを賑わしていたようだが、昨日の早朝、救急車のサイレンがいやにうるさいと思っていた。 後刻聞いたら、町内にあるホテルで食中毒が発生したとのこと。 信濃町のホテルと聞くと、ライジングサンアスティーを真っ先に思い浮かべてしまうのだが、今回起きたのは斑尾山の麓にある東急タングラムであった。 しかも、トラブルの原因が食中毒ではなく、宿泊した修学旅行生が持ち込んだノロ・ウイルスであったようだ。
 町内の信越病院や隣町の飯綱病院ばかりでなく、長野市内まで患者を搬送したと、その数は30数名であった由。 これだけの患者数になると町役場にも特別対策本部を設置するなどの必要性があったようだ。

 ホテルにとっても町にとってもはなはだ迷惑な話ではあるが、修学旅行生の受け入れは町にとっても大事な観光事業の一つである。 早期に原因が特定できたとしても風評被害は免れないかもしれない。 全国で見てもスキー人口は減少しつつあり、閉鎖に追い込まれているゲレンデは多いと聞く。 いつ何時でもトラブルを受けて立てるだけの体制を備えていなければなりないということだろうが、それも厳しい。

 上に掲載した写真は、信濃毎日新聞のものだが、端や、毎日新聞HPの地方版には、プロスキーヤーの三浦雄一郎さんが隣町のいいづなリゾートスキー場で今週末スキー教室を開くと掲載されていた。 有名人を呼ぶというのもスキー場のイメージアップに役立つであろうが、そのためには先立つものが必要だ。 黒姫高原の冬の観光事業であるスキーに加え集客できるイベントがもっとあればと思うものの、企画倒れに終わるものも少なくない。 以前、犬ソリ大会が数年続いたことがあるが、事業としては成り立たなかったようで現在は行われていない。 観光で稼ぐというおのは並大抵の努力でもかなわないという一例だ。 



0 件のコメント: