お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2009年1月10日土曜日

産廃関連ニュースから

 アサヒコムに、新潟市内の産業廃棄物処理施設で「放射性廃棄物」と書かれたドラム缶が見つかっていたというニュースが掲載された。
 たぶんいくつかの産廃業者の手を渡って東海村から運ばれて来たのであろうが、昨年、信濃町の隣町である飯綱町の山林にも放射性廃棄物が長年放置されていたと信濃毎日新聞に掲載されていた。 全国の産廃事業を調べれば同様の事象はまだまだあろう。 それが日本の産業廃棄物処理事業の実態だと思う。

 信濃町に計画されている産廃処理施設について、業者は万全の体制で住民への被害発生は全く無いと説明しているが、一旦認可され事業が始まれば誰の運用チェックも行われず、本ニュースのような事態になる可能性は十分に有ると考えられる。 一旦出来上がった施設の運用を停め、しかも廃止へ導く努力は想像を絶するものがあろう。 今の時点で歯止めをかけなかったら、将来に亘って安全で安心して我々が生きられる信濃町とはならない。

放射性廃棄物用のドラム缶、新潟の産廃施設で発見 原電
     アサヒコム 2009年1月10日20時39分

 日本原子力発電は10日、新潟市内の産業廃棄物処理施設で同社東海発電所(茨城県東海村)の名前が入り、「放射性廃棄物」と書かれたドラム缶(200リットル)1個が見つかったと発表した。この発電所で使われていた放射性廃棄物用のもので、原電の調べでは、缶表面と内部の液体の放射線量は外部と同程度で、人体や環境への影響はないという。

 発電所の外でドラム缶が見つかったのは初めてだという。原電は「どこから流出したのかわからない」とし、発電所や缶製造メーカーなどからの可能性も含め、流出経路を調べている。

 原電によると、見つかったのは新潟市西蒲区下木島の産廃処理施設。缶はうすい黄緑色で、真ん中に放射能や放射線に注意喚起するマークが入っている。中には赤色の液体が入っており、同社が分析している。

 原電はこの缶を少なくとも約20年前から使っておらず、放射性廃棄物を入れれば管理番号が記入されることになっていたが、番号はなかったという。

 産廃処理施設は02年に倒産したまま放置され、同市などが行政代執行で撤去作業をしていた昨年12月19日に缶が発見された。同発電所には1月9日夜、経済産業省原子力安全・保安院から連絡があったという。

 長野県が新たに制定する産廃条例の説明会が、来る21日(水)に長野市内であるらしい。



0 件のコメント: