お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2011年10月7日金曜日

スティーブへの賛辞(Tribute to Steve)

 今週は

Let's talk iPhone

Let's talk Steve

になってしまった感があります。

 一昨日(アメリカは4日)に発表されたiPhone は5ではなく4Sだと、機能云々より、その数字の違いだけに落胆したユーザーは多かったようです。 定かではありませんが、一昨年に私が購入したiPhone 3GS 以後 iPhone4が出たのは去年の夏(7月?)の1年2ヶ月後でした。 間もなくリリースされるiOS5やiCloud を含めた中で、この新しいiPhone 4S を考える必要があるかなと、iPhone5が来年であれば、まあ許せる範囲かなと思えるようになりました。

 それに、iPhone 4SのSは、Steve(所によってはsamsungだと言う人もいるらしい)のことだと思うと、Steveの最後の作品を手にするのだという、(ちょっと感傷的な ーフリークにとっては)意味があるような気にもなります。

 さて、アップルのサイトのトップにSteveの写真が掲載されていますが、これをクリックするとアップルのメッセージが表示されます。 ここにEメール rememberingsteve@apple.com の表示があります。 先ほど、二行ほどの短い英文を送りました。(ドラスティックに考えると、世界中から弔問メールが届くと、それだけでアップルファンがどれだけいるか調査できてしまいますね)

 旧い雑誌をめくっていたら、2007年に撮られたスティーブとゲイツが並んでいる写真がありました。

Jobs & Gates

 最後に、スティーブに送る一曲をユーチューブから拾いました。 タイトルは、PASSAGGIO PER IL PARADISO (Passage to Paradise) 「天国への道」です。 もともとはイタリア映画Cinema Paradiso のオリジナル曲で、私が大好きなフージョン界の大御所であるPat Metheny がオリジナル・サウンドトラックとしてCDを出していました(1997年頃)。 自分のFuneral Party ででも流してもらおうかなと思っている曲(アルバム)です。

 

 そしていくつかユーチューブから拾いました。

◯Thinking of Steve Jobs ? My tribute to Apple's CEO and genious ?

 

◯The Crazy One — Steve Jobs tribute

 

◯Steve Jobs retrospective

 

◯Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address

 日本語字幕入り。 スピーチは生い立ちから始まっています。 のほほんと学生生活を暮らしている若者に聞いてほしい。 「歴史には必然がある」ということがよく分かります。 Stay Hungry! Stay Foolish!



0 件のコメント: