お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2011年5月23日月曜日

ついに閑貞桜が絶えた

 信濃毎日新聞や信濃町観光協会のサイトにも記載がありますが、信濃町にある「原の閑貞桜」が枯死したとのことです。

閑貞桜

 私が1990年の春に初めて出会った時は立派な枝振りで豊かな花を蓄えておりました。 その後、枝ぶりも花も徐々に少なくなり、乾いたような感じの樹に愛でる気も萎えていたのですが、それでも2000年までは豊かに咲いていたと記憶しています。 あの時は、長野のテレビ局取材があって、案内した客人がマイクに向かって感想を述べ、その映像が夕方の放送で流されていました。

 閑貞桜は、樹齢200年とか300年という、かなりの高齢であったのは確かなのだから、もっと皆がいたわる気持ちが必要であったのでしょう。 昔は、この桜の下で宴会をし、また酔った勢いで小用などをした人もいたと聞きます。 後年、樹勢を蓄えるためにと、枝を落としていましたが、あの処置も本当に良かったのでしょうか? 門外漢なので全く分かりませんが、まずは遠くから大事にする気持ちをもち、自然の理に人間が手を下すようなことはしてはいけないようにも思います。

 信濃町には、もう一つ柴津の称名寺に、同じような樹齢のシダレ桜があります。 この桜も20年前と比べると勢いが弱くなって来たように思われます。 最近、町の観光案内でも紹介され訪ねる人が増えており、樹勢を吹き返すために色々方策をするという人も現れているようです。

 80年とこの桜を見てきた寺主さんは、「人間が手を下すことが桜にとっては一番悪い」と、その申し出を拒否しているとのことです。 原の閑貞桜はむやみに手を入れたために、逆に枯死を早めたのかもしれません。 生物である以上「死」は当然の帰結であるのですから、余計なことをせずに、綺麗だからと枝を折って持ち帰ったり、長い枝を車の屋根などに触れさせるというような(その場所から痛みが発生するそうです)、桜にとって悪いことをしないように気をつけることが一番大事なようです。

 「桜は遠くから愛でるもの」というのが鉄則なのでしょう。

 1990年4月29日

閑貞桜

 2000年5月3日

閑貞桜

 

閑貞桜

 2005年4月29日

閑貞桜

 2008年4月28日

閑貞桜

 2011年5月 2日

閑貞桜

 

 この写真は2002年5月3日のゲレンデに咲く里桜(八重桜)です。 先日14日にたずねた時はやっと開きはじめという状態でしたが、これを比べただけでも黒姫の今年の春は2週間ほど遅れていたように思えます。

里桜

(追記)信州オンライ掲載されていた記事(信濃町観光案内所記載のもの)を追加しました。(2011.6.1)



0 件のコメント: