お知らせ

お知らせ


*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。


2011年5月11日水曜日

Santiago de Compostelaへの道を歩いて5年が経つ(1)

 3月11日の被災から2ヶ月。 まだ避難所での窮屈で不便な生活を強いられている人々がたくさんおられる。 遅々として進まない政府の救済対策。 菅直人が自分の歳費を返上するということだが、そんなことが求められているのではない。 東京電力の役員が返上することとは意味が違うことを本人は分かっていない。 一日でも早く不便な生活から安心な生活へ移してあげることを菅直人は第一に考えるべきです。

 さて、黒姫は昨日も今日も雨天で、外仕事はできず、それこそ山菜探しに野を歩くわけにもいかず、家の中で無為に過ごしています。 まぁ、休養になるといえばそうなのですが、できれば薪割り作業中のとっこを早く片付けたい所です。

 雨天だというわけでもないのですが、今日はあまり話題がなく撮り溜めた写真を見ていたら、スペインの巡礼路Caminoを歩いてから5年が経っていることに気付きました。 5年前の4月21日から5月27日にかけて37日間で800余kmを歩きましたが、若い人達は30日ほどで歩き通しているようです。

 写真を見ると、世界中の色々な人々に出会い、こんな人やあんな人、あの人のイビキには随分と悩まされたとか、走馬灯のように色々思い出されます。 大変な歩き旅でしたが、でも豊富な体験ができ楽しかったです。 短期間に歩き通すことだけに集中していた日本の若者にも会いましたが、途中途中での想いや出会いがなければ、ただ歩いたという事実だけに終わってしまうことでしょう。 海外で一般の市民と出会い、身振り手振りで時には絵を描いて意思の疎通をして来たことが、人としてのつながりにもなっています。

 ダライ・ラマ法王が講演される度に、日本の若者にはもっと英語を学んで海外へ行ってほしいと仰っています。 生き方も考え方も異なる人々との出会いの中で学ぶことが多いはずです。 今の日本を見ていると、日本という限られた世界の中で持論を展開している政治家や学者が大手を振っていますし、ネットの中では顔が見えないからでしょうか、人間性を疑うような言葉遣いや表現をしているブログや掲示板などに出会うことがあります。 思考の狭さというのでしょうか、料簡の無さを感じることがたびたびです。

 海外へ行ったからといって、結局は人間が存在する社会には誤解や思い違い、争いや行き違いなど多々あるもので、日本が優れているとか海外の方がいいとか、そういう判断の視点はないと思います。 でも、そういう中での付き合いから、人間にとって大事なことは何であるかおのずと分かってくると思うのです。

 3月11日の地震、そして福島原発の事故に際し、20年前に2ヶ月間我が家で面倒を見たアメリカの留学生から、被災していないかと心配して電話をくれました。 このように、おもんばかる心(思慮)、思いやり、人間愛、誠実さ そういったものを我々は失わないようにしたいと思います。

出発地点のサンジャンピエドポー駅(フランス国内)
camino

旧市街の教会横、時計台(尖塔?)をくぐり出発
camino

はじめはなだらかな緑地帯が続くも、間もなく厳しいピレーネ山脈越えとなる
camino

最初のアルベリゲ(宿)のオリソンですが、近すぎてここには泊まらず
camino

リンゴの白い花が咲く中、馬や牛、羊などなど出会いました
camino


camino


camino


camino


camino

途中で出会った日本人お二人。我々より年上なのにどんどん先を歩かれて行きました。
camino

自転車を利用した巡礼者もおります。 ママチャリに乗った真丸の女性が追い越して行きました。
camino

牛が通る道であったり、川のような道であったり、車が通る道であったりでした。
camino

フィンランドとドイツからの女性たち
camino

スウェーデンからの女性は体が大きく、ついついスティーヴン・セガールを思い出してしまいました。
camino

一方通行の狭い橋に信号がありました。
camino


0 件のコメント: