お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。




「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

*東京新聞(中日新聞)、日刊現代、信濃毎日新聞、神奈川新聞などややローカルなメディアから、今の日本をチェックしましょう。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*過去に所有したドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄し、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2011年5月28日土曜日

いざ 鎌倉!へ

 俳優の山本太郎さんは結局所属事務所を辞めたようですね。 「テレビ局から干された」ことを事務所側が否定していましたが、まあ否定していることじたい、どうかな?と殆どの人は思っていることでしょう。

 楽天の三木谷さんが経団連の存在に疑問を投げかけ脱退を検討しているとか、ウォール・ストリート・ジャーナルに菅政権の原発対応に小沢一郎さんが対決姿勢を鮮明にしているという記事が出たり、どことなく世の中の流れが変わりつつあるような雰囲気が感じらる、雨の一日でした。

民主党の小沢元代表、菅首相と対決姿勢鮮明ー原発危機対応で

小沢一郎・民主党元代表インタビュー:一問一答

 さて、今日は食材を仕入れたいという家内の申し出に車をだして、わざわざ鎌倉まで出かけて来ました。 子供が小さい頃は、新鮮な魚や美味しい野菜を求めてたびたび湘南の方へ出かけていましたが、最近はその必要がなく訪ねることもなかったのですが、やはりあの店でなければということになったのです。

 まず、訪ねたのが鎌倉市の農協直売所で、鎌倉ばかりでなく近隣の藤沢や横浜の農家からも出ているようですが、新鮮で安く、以前はここも顔なじみになるほど通いました。 でも今日は時間がおそかったせいもあり、品物は少なかったようです。 農家へのお婿さんでしょうか、チェコスロバキア辺りから来たらしい青年が以前はいましたが、今日は見られなかったです。

野菜直売所

 ここに寄るのも数年ぶりですが、品物を入れるレジ袋に特別な印刷が入っているのを知りました。

袋

 次に訪ねたのが、八幡様の二の鳥居近くにある魚屋さん。 ここは自信を持って商売しているだけあって、品物に間違いがありません。 冷凍品などは一切なく、やたらな疑問を投げかけると怒られてしまいます。 でも、食べ方などを聞くと親切に教えてくれます。

さかなや

 その近くにある店で赤飯やお団子を売っています。 以前は、小町通りにあったのですが、店主が病床についているとかで、現在は赤飯の販売だけに限って商売をしているようです。 たぶん50年以上商売をしていると思いますが、ここの赤飯やまんじゅう、串団子は美味しく、我が家の建前の時に、職人さんに出す食事をここまで買いに来ていたほどでした。 あの元気なオバサンが見られないのも残念でした。

亀屋

 鎌倉駅界隈のスーパーマーケットは、紀伊国屋、ユニオン、東急ストアがありますが、どこも昔ほど魅力がありません。 紀伊国屋の駐車場には小柄なオジサンがいて、よく働いて客の車を丁寧に誘導していましたが、当然あのオジサンも今はいないでしょう。 ここもいい商品というより、最近は高額な品揃えで、全くといっていいほど訪ねることがなくなりました。

 最後に、酒饅の店に寄りました。 昔は店頭の脇でセイロで蒸していて、その芳しい蒸気が通りにたなびいていました。 何十年ぶりに買ってみて、一口で落胆。 昔、あれほど美味しかったのにと残念な思いでした。 酒種というのでしょうか、本物の麹で作っていれば、あんな味にはならないハズ。 昔の良い思い出はそのままそっとしておくことが賢明だと悟った次第です。

酒まんじゅう


0 件のコメント: