お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2011年5月17日火曜日

Santiago de Compostelaへの道を歩いて5年が経つ(3)

 我が家の畑のブルーベリーの花が少し開きはじめています。 また、隅にはワラビが見え隠れしだし、山独活も少し伸びて来ているようです。

ブルーベリー

 

わらび

 

山うど

 さて、二住居生活をしていると、もう一方の生活をおろそかにしておくわけにもいかず、今日は黒姫は離れて主住地へ戻ります。 これからワラビやタケノコ、ルバーブの時期になりますし、7月になればブルーベリーの収穫が始まりますが、それまでには間に合わせようと思っています。

 5年前に歩いたスペインの巡礼路カミーノの記録ですが、今日は最後の写真を掲載します。 撮り溜めた写真は一杯あるのですが(ノートパソコンのHDに記録したのですが、その分リュックが重くなりました)、数多く掲載しても意味ありませんし、巡礼路の様子が伝わるだけでいいかなと思っています。

 このサン・ジャン・ピエド・ポーからの道(フランス道)は、カミーノのメイン路でアルベリゲ(宿)も充実していますので、大変歩きやすいです。 来年、あるいは再来年には、もう一度この道を歩こうかなと考えていますが、それまでにはスペイン経済がもう少し良くなっていてほしいと願っています。

オ・セブレイロからの下りは冷たい雨でした。 頭が天井にぶつかりそうな小さな教会でした。
camino

アルフォンソというホテルを出た所であったか?
camino

乗馬の巡礼者に再び会いました。
camino

メリデ辺りから日差しが強くなり、真夏日のようでした。
camino

間もなくモンテドゴソという飛行場に近い所にあるモニュメント
camino

モンテドゴゾの丘
camino

サンチャゴ到着したら、出発時にお会いした日本からのお二人に再会できました。 数日前にすでに到着されていて、大西洋岸のフィニステーレまで歩いてきて、たった今サンチャゴに戻って来たとのことでした。
camino

Santiago de Compostela 到着
camino

夜景
camino

巡礼証明書。 以前はキリスト教信者であるかの問い合わせがあったようですが、今は事務的に発行してくれていたと記憶しています。
camino

サンチャゴをあとにして、フィニステーレまで再び歩きを開始しました。
camino

フィニステーレの海岸。 空の青さ、海の青さ、砂のきめ細かさが素晴らしい終着地でした。
camino

フィニステーレの突端。 巡礼路0km地点で、昔の巡礼者は衣服をここで捨てたそうです(巡礼を終えて汚れ虫がついた衣服を焼いたり捨てたりしたのでしょう)。
camino

夜10時頃の日没。 5月下旬でしたが冷たい風が吹いていました。camino

岬から戻ってくると、フィニステーレの町中にある教会がライトアップされていました。
camino

 日本へ帰る飛行機の出発地はパリでしたので、サンチャゴからパリまで夜行バスを利用しましたが、普通のバス(リクライニングなどの設備なし)で、停まるターミナルはトイレなど汚れたまま。 乗客はどことなく労働者風の人が多くて、24時間のバスはちょっときつかったです。 次回はマドリード発にしようと思ってます。 そういえば、サンチャゴの観光案内所で働いていた日本人女性TA○○さんはまだ居られるのでしょうか? 彼女にも色々お世話になりました。



3 件のコメント:

mak さんのコメント...

なつかしいです。5年後、特に去年から体力の衰退を痛感しています。気合がなくなったからでしょうかね。

はんぐろ さんのコメント...

実に懐かしいですね。 Makさんのようにポーランドまで遡るのは我々には到底無理で、再びフランス道が一番ふさわしいかなと思ってます。
どこかで我々の生命の終わりは来るのだし、その場所が畳の上かベッドの上か、はたまた路上か、人の運命は分かりませんね。 昔の巡礼者のように、カミーノで自分の生命を終わらせるのも、一つの生き方かもしれません。
プロスキーヤー三浦雄一郎さん(確か70歳でエベレスト登頂?)の父上は齢100歳でアルプスを滑ったとか聞きました。 それを思うと、60や70はまだヒヨっ子かもしれませんヨ。

TDZEOanWjZ さんのコメント...

Haha. I woke up down today. Youツ致e chereed me up!