お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2008年8月20日水曜日

産廃物最終処分場計画に対する反対行動は如何に

 去る18日(月)に、信濃町産廃対策住民の会が長野県庁へ村井県知事を訪ね、野尻・赤川に予定されている処分場計画を許可しないよう訴えに行くと聞いていたが、結果は如何であったのだろうか? 大学村および国際村の代表を伴うということだったらしいが、知事は夏期休暇で不在。 そのためそれぞれの反対決議書を提出し記者会見を行うのだという所までは小耳にはさんでいた。


 うがった見方をすれば高見澤も県庁も一蓮托生ということだろうから、1回や2回の行動で崩せるものでない。 微力ながら、当方も一週間前の13日に、計画の安全性を疑うメールを発信しているのだが、未だ何の回答もない。 お役所というのはそんな所なのであろう。
○長野県知事あて

長野県 村井知事 殿

私は、信濃町の自然に憧れ町内に住宅を持ち、一介の季節町民となっている者です。
かなり昔から、信濃町野尻赤川地区に産業廃棄物最終処分場計画があったそうですが、昨年来、計画が具体化され、事業者である㈱高見澤による町内での説明会が行われて来たようです。
私は、8月11日に開催された説明会に初めて出席しましたが、会の全体を通して、説明会の用件を整えておりませんでした。
高見澤の担当者による説明は、非常に大まかなもので、建設予定地の地形や地耐力、天候や環境などの具体的な調査内容の表明がなく、メーカーのカタログ数値をそのまま引用したような、「だから安全です。」、「~などの対策を施しており大気や水質汚染は全くありません。」などという漠然な説明に終始しておりました。
具体的な数値による安全対策の表明がなく、うがった見方をすると、これまで何も調査をしてこなかったのではと思えるほどでした。
説明会での㈱高見澤の専務取締役や担当者の回答はまったく誠意がなく、出席者のうちほぼ100%近い人が、杜撰な計画に、粉塵やダイオキシン等処々の被害発生を心配し、これを払拭するような明快な返答がありません。 ㈱高見澤は、産業廃棄物処理業者としての適格性を備えているのでしょうか? 住民の誰もが否と答えるでしょう。

長野県庁のホームページの貴殿プロフィールには、『「市町村が主役の輝く長野県へ」をテーマに県民の皆様のため真摯に県政に取り組んでまいります』とあります。 この方針が現在も続いているとしたら、県外の廃棄物を含め、信濃町の山間に埋めて、結果住民の健康被害を引き起こすような計画を承認することはできない筈です。
また、廃棄物による地質、水質、大気汚染は予定地近くを流れる関川を汚染し、その汚染は妙高市や上越市の市民にも広範囲に与えることになります。 そんな危険な事業を認可してよろしいのでしょうか? 貴殿の懸命なる裁可を希望します。
なお、11日の説明会の状況については、私事ブログ(http://kurohime.homeip.net/)に記載しましたのでご確認下さい。

上水内郡信濃町○○  ****拝


○新潟県知事あて

 長野県と新潟県妙高市の境を流れる関川の長野県寄り斜面に、長野県の廃棄物処理業者である㈱高見澤が、廃棄物最終処理施設を建設する計画を立てているのをご存知でしょうか? 予定地の自治体である信濃町の町民に対し、昨年来説明会を実施しておりますが、予定地の地形や天候、環境調査など全く行っていないような、非常に曖昧な話に終始しており、住民や環境への安全が付保されているとは到底理解できていません。
 予定地の斜面は関川に向いていると思われ、輸送中のダイオキシン等の拡散や、将来廃棄施設から染み出た汚水や化合物は、当然関川、引いては妙高市、上越市の流域住民への健康被害にも及ぶものと考えられます。 説明会で聞く限りでは、関川下流域住民への説明を高見澤は実施する意図はないようです。
 長野県知事は、本計画を承認する方向に向いているようですが、このように長野県や信濃町だけの問題ではなく、新潟県民へも汚染を引き起こす可能性のある計画なのです。
貴殿、貴庁担当職による、本件についての十分なる調査をされますよう望みます。


以上



 新潟県知事宛とほぼ同様の内容を、妙高市と上越市へも発送した。
 これから出される方は、当ブログ「産廃事業計画の説明会に出席」を参照願いたい。
 また、当方が記した産廃関連の記事はこちらをご覧下さい。


 「続・黒姫から」のよしはらさんが、犬の日々・第33週で、これまでの産廃計画の状況を知る手段として、野尻湖フォーラムの当該号を紹介されていたので、ここにも記しておこう。
 1.Forum No.40:野尻-赤川 産廃処分場計画 再々燃
 2.Forum No.41:野尻-赤川 産廃最終処分場計画 住民説明会が開かれる
 3.Forum No.42:野尻-赤川 産廃最終処分場計画のその後


 そして、信濃町役場のページ信濃町議会の議事録を見ると、町の対応状況を知ることが出来るので参考になろう。 議員質問の項目だけを一覧にしてみたが、町の動きは残念ながら非常に弱い感じがする。

平成20年6月 第370回信濃町議会定例会
  質問者 福澤惠美子 会議録
   3. 産廃問題について 【答弁者 町長】


  質問者 峯村 勉 会議録
   2. 廃棄物処理場建設問題について 【答弁者 町長】


平成20年3月 第368回 信濃町議会定例会
  質問者 福澤 惠美子 会議録
   3. 産廃問題について 【答弁者 町長】


  質問者 峯村 勉 会議録
   2. 廃棄物処理場建設問題について 【答弁者 町長】


平成19年12月第366回 信濃町議会定例会
  質問者 福澤惠美子 会議録
  2. 産廃最終処分場計画に対する町行政の対応について 【答弁者 町長】


  質問者 峯村 勉 会議録 
   2. 廃棄物処理場建設問題について  【答弁者 町長】


平成19年9月第365回 信濃町議会定例会
  質問者 福澤 惠美子 会議録
   3. 産業廃棄物処分場建設計画について  【答弁者 町長】


  質問者 中村 光雄 会議録
   2. 町内への 産廃処理場建設計画について  【答弁者 町長】


平成19年6月 第363回 信濃町議会定例会
  質問者 福澤惠美子・・・会議録
   1. 「町 有害産業廃棄物持ち込み禁止条例」の制定について    【答弁者 町長】


  質問者 峯村 勉・・・会議録
   2. 町外からの産業廃棄物の搬入阻止について  【答弁者 町長】



 8月11日の説明会場で、高見澤が住民の質問に答えられないのは、よほど悪質なコンサルタントがついているのだろうという話が聞こえていたので、調べてみたら上田市にある上田土木コンサルタントという会社が企画しているらしい。 そこでホームページがないかと調べたら、"只今サイトリニューアル工事中です"という表示のみであった。 それならばと過去のページを調べてみたら、2005年の公開ページを探すことが出来た。 素人が作ったようなページで、"一応有ります"という程度の、内容のないページだが、この会社の一面を知るためにここに残すことにした。

         10 11 12


 高見澤も上田土木コンサルタントも、長野県産業廃棄物協会の会員である。 同じ穴のムジナと言っては失礼になろうが、杜撰事業の訴えをこういう所にするのも一法ではなかろうかと思う。

社団法人 長野県産業廃棄物協会 http://www.nagano-sanpai.com/
 〒380-0836 長野市大字南長野字南県町1002 陽光エースビル2F 
     Tel 026-224-9192 Fax 026-224-9188 
      E-mail info@nagano-sanpai.com

 杜撰な計画に対し、あらゆる方面から阻止運動を展開すべきで、そういう意味では町も住民もその動きはあまりにも緩慢過ぎる。 黒姫といえばニコル氏。 大雨で損傷した鳥居川の護岸復旧工事で魚が住めなくなるような工法はダメだと、新聞やその他で大きく報道をされたことが以前にあった。 少しお歳をめされたかもしれないが、黒姫の赤鬼が再び登場してくれることも、大きな力になると思う。 そんな声が山桑や神山で聞こえたが、使えるものは何でも使うというのが、こういう運動の基本ではないかと思う。



0 件のコメント: